【最大200万円超】業態転換補助金の新たな創設を政府が検討

新型コロナウイルスの影響を受ける中小企業支援のため

業態転換にかかる費用への補助金の創設を政府が検討しています。

新たに創設される補助金に関して、

  • どのような費用が補助されるか
  • 補助金の金額はいくらか
  • いつから申請が可能か

といった点に関して予想を含め書いてみたいと思います。

 

業態転換の補助金とは?

業態転換の補助金は、東京都が飲食店を対象に助成金事業として行われています。

政府の検討している補助金もベースとしては同じようなものになるのではないでしょうか。

東京都の業態転換の補助金としては、飲食店が始める

  • テイクアウト
  • 宅配
  • 移動販売

に関して最大100万円、補助率 4/5以内の助成金が支給されるというものです。

政府が検討している新しい補助金も、持続化給付金に代わる支援策としているので

幅広い業種が対象になると思います。

まったく別業種の事業を始める業態転換ではなく

  • 販売方法を変える
  • 売る相手を変える

といった経費についても対象になっていくものと思われます。

 

補助金の額はいくらか?

現在の報道では、

  • 補助金額は200万円超
  • 最大200万円

といった2つのパターンがでています。

業態転換の位置づけからすると200万円~500万円ほどの範囲が想定されます。

また、IT化、業務効率化、共同事業などいくつかのコースがありそうです。

 

業態転換の補助金はいつから申請可能になるか?

業態転換の補助金は、2020年度第3次補正予算案や21年度当初予算案に盛り込む方針となっています。

3時補正予算案は、21年1月に召集される通常国会で審議されるので

補助金の申請は、早くて2021年2月~3月ぐらいになる見込みです。

業態転換の補助金の詳細な情報がでてきたら

対象経費を確認してチャレンジしてみるといいですね。

 

まとめ

2020年は補助金に関して、さまざまなものが創設され異例の年となりましたが、

21年も同様、補助金関係に関しては予算が大きくなりそうです。

補助金申請に関しては、申請期限が短いものもあるので

情報を逃さずチェックしていくようにしましょう。

LINEで気軽に会社の相談!月額無料の法務顧問です。

ローライト湘南のLINE公式アカウントで気軽に月1回まで無料で会社の相談ができます!

・コロナ対策の融資、補助金、給付金の相談がしたい
・会社の登記を頼みたい
・営業許可について教えてほしい
・新しく会社設立をしたい

など会社に関することであれば何でもOKです。

ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です