代表の成川です。

久しぶりにバスケをしたら肩が筋肉痛になりました。

藤沢の秩父宮記念体育館で行っているバスケに
誘っていただいたんですが
秩父宮体育館は「公益財団法人藤沢市みらい創造財団」と
いう法人が管理しています。

公益財団法人とは、平成20年12月1日施行の
「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」に
基づいて設立される法人です。

公益財団法人になる要件は非常に厳しいんです。
公益法人として設立できるのは、公益を目的とする23の事業に
限られます。

そのかわり公益性が認定されているので、税制の優遇措置を受ける
ことができます。

しかし公益認定を受けなくても法人税に関しては同じような
優遇措置を受けられる法人を作ることができるんです。

それが「非営利型の一般社団法人」です。

一般社団法人には法人税法上営利型の社団法人と
非営利型の社団法人に分かれます。

営利型では株式会社などと同様に、原則として会費収入や
寄付金収入を含む全ての所得が法人税の課税対象となります。

それに対して非営利型は法人税法で定められた収益事業による
所得のみが法人税の課税対象となり、会費収入や寄付金収入など
による所得には、法人税は課税されません。

そして何より非営利型の社団法人は設立するのがそれほど難しく
ありません。
いろいろ定款に記載したり、理事の要件が少しありますが要件クリアの
ハードルは低いのです。

ボランティア団体や同窓会など収益事業を目的としていない
団体ならNPO法人よりも非営利型の一般社団法人を設立する
方が早く活動を始められるメリットもあります。

集まって何かやりたい団体があれば非営利型の社団法人を
検討してみるといいかもしれません。