代表の成川です。

昨日の関東の雪で東戸塚へ行くのに一苦労でした。

さて、最近は会社を始めようという方が多いのでしょうか。お問合せが多くなってきました。

弊所でも年明けから何件か設立からお手伝いさせて頂いております。
表題の通り、株式会社を作るのか、合同会社を作るのか悩まれている方もいると思います。
簡単な違いとそれぞれが向いている会社について解説したいと思います。

 

知名度抜群!株式会社

設立される会社で圧倒的に多いのが株式会社です。
株式会社を選ぶメリットは

  1. 株式を発行することで、不特定多数の投資家から広く資金を集められる
  2. 所有と経営が分離されている
  3. みんなが知っていて法人としての信頼度も高い
  4. 「代表取締役」を名乗れる

ということが挙げられます。
将来的に会社を大きくしていきたい人、取引先の信頼を得たい人、銀行の融資を少しでも有利にしたい人に
向いている会社形態です。

逆にデメリットは

  1. 設立の費用が合同会社に比べて高い
  2. 設立に定款の認証が必要
  3. 決算公告などの事務が必要
  4. 役員の任期がある

といったところでしょうか。
弊所のお客様には特に合同会社に対して強いこだわりがなければ
事業を行っていくうえで世間的に信用が高い「株式会社」をおすすめしています。

設立・維持費が安い合同会社

最近その数を増やしているものに合同会社というものがあります。
合同会社は持ち分会社の一種で株式会社と違って所有と経営が分離していない会社です。

合同会社を選ぶメリットは

  1. 設立の費用が安い
  2. 公証人による定款の認証が不要
  3. 決算公告が不要
  4. 役員の任期がない

ということです。

逆にデメリットは

  1. 社会的な認知度が低く、信用もそれほど高くない
  2. 上場ができない
  3. 株式会社に比べて資金調達の手段が少ない
  4. 「代表取締役」ではなく「代表社員」になってしまう

ということです。

基本的には小規模な会社を想定しており
仲間内で集まって会社を作ったり、費用を抑えて会社を設立したい人におすすめです。

 

株式会社と合同会社設立費用の比較

定款認証料 定款印紙代 登録免許税 合計
株式会社 50,000円 40,000円 150,000円 190,000円
合同会社 0円 0円 60,000円 60,000円