日本政策金融公庫のコロナ融資の融資枠がさらに拡大!その変更点とは?

日本政策政策金融公庫のコロナ融資がですが貸付条件がさらに良くなります。

現状でもかなり有利な公庫の融資ですが、

第2次補正予算案の中でさらなる制度の充実が予定されています。

この記事を読めば

  • コロナ融資条件の変更点
  • すでに融資を受けている場合でも条件を有利に変更できるか?
  • いつから融資条件が変わるのか

といったことが分かります。

これからコロナ融資を検討している方だけでなく、すでにコロナ融資を受けている方にも

役立つ内容となりますのでぜひ読んでみてください。

 

政策金融公庫のコロナ融資が有利になった点

日本政策金融公庫のコロナ融資(新型コロナウイルス感染症特別貸付)について

以下の点が変更になる予定です。

小規模事業者、個人事業主

  • 融資限度額 6000万円 → 8000万円
  • 実質無利子部分 3000万円 → 4000万円

中小企業

  • 融資限度額 3億円 → 6億円
  • 実質無利子部分 1億円 → 2億円

つまり、融資の限度額と実質無利子部分がさらに増えることになります。

コロナ融資ですでに特別枠の上限まで借りている事業者でも

さらに借入が可能になるということです。

また当初3年は、以下の図の条件に当てはまれば、支払った利子が返ってきます。

コロナ融資利子補給条件表

小規模事業者で3000万円を超える、中小企業で1億円を超える借入をした企業は

無利子部分が増えることになります。

 

公庫の融資枠拡大について

公庫の融資枠拡大について(経済産業省 金融支援策資料より引用)

 

 

融資の条件変更には対応してもらえるか?

すでにコロナ融資を受けていた場合、

上限枠が大きくなったことで追加の借入も可能になります。

ただし、融資の審査を受けてOKをもらう必要があります。

また、以前にコロナ融資で既存の借金の借り換えをしている場合、

借り換え部分は

基準利率 - 0.9%

の特別金利の優遇が受けられていない場合がありますが、

こちらも条件変更ができるようになっています。

ですので手続きをすれば

借り換え部分についても3年間実質無金利

となります。

手続きについては今後発表される予定ですので、

発表されればこちらのページに記載します。

 

融資条件が変わるのはいつから?

コロナ融資の条件の変更は、第2次補正予算案が国会で承認されてからになります。

補正予算案の国会が6月17日までですから、

それまでには決まる見込みです。

6月中旬~下旬ごろにコロナ融資の条件も変わっていくでしょう。

 

まとめ

融資の限度額がさらに増えたのが今回の制度拡充で注目すべき点です。

3年間無利子の融資を手元に置いておくチャンスなど

めったにあることではないのでこれを機に申し込みを検討してみてください。

事務所の方でもコロナの融資に関するサポートをしておりますので

0466-54-7778

又は

下の公式LINEアカウントからご相談ください。

 

LINEで気軽に会社の相談!月額無料の法務顧問です。

ローライト湘南のLINE公式アカウントで気軽に月1回まで無料で会社の相談ができます!

・コロナ対策の融資、補助金、給付金の相談がしたい
・会社の登記を頼みたい
・営業許可について教えてほしい
・新しく会社設立をしたい

など会社に関することであれば何でもOKです。

ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です