日本政策金融公庫で新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業・小規模事業者について

非常に有利な条件で貸付を行っています。

以下が日本政策金融公庫についてのページです。

新型コロナウイルスに関する融資制度について

 

新型コロナウイルス感染症貸付とは?

新型コロナウイルスの貸付についてポイントは

  • 災害時と同様の特別金利の採用
  • 一定の条件を満たせば3年間無利息
  • 現状の融資枠とは別枠の特別枠での融資
  • すでに融資を受けている公庫の融資についてもより低金利へ借り換えできる可能性がある

という点です。

貸付利率は

一例として国民生活事業については、当初3年間は1.36%から-0.9%されるので

0.46%

となっています。

その後も特別金利の1.36%が適用されます。

また下記の条件を満たすと当初3年間は利子の分も補給されるので実質無利息で借入ができることになります。

現状借入が難しい財務状況でも、今回の貸付は特別枠になるので借入ができる可能性もあります。

またすでに公庫から借り入れのある企業についても、借り換えをすることで

特別金利が適用され、当初3年間無利息での借り入れに切り替えられるケースもでています。

資金繰りが厳しい企業だけでなく、今後のリセッションに備えて手元キャッシュがあった方がいいと判断される経営者の方は借入検討されることをお勧めします。

 

新型コロナウイルス感染症特別貸付申し込むには?

申し込み方法も通常の融資の審査より簡略化されています。

申し込みに必要な書類は、

<個人事業主>

  • 借入申込書
  • 売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書

<法人>

  • 借入申込書
  • 売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書・決算書
  • 履歴事項全部証明書

となっています。

以前から公庫からの付き合いがあればA4の書類2枚程度と確定申告書や決算書2期分があれば

簡単に申し込めるようになっています。

はじめて日本政策金融公庫を申し込む場合には、上記に加えて

商売の概要を書いた書類(A4 1枚程度)を提出するだけです。

 

日本政策金融公庫の融資のサポートもおこなっています

申し込み方法が分からない、創業計画書の書き方が分からない、公庫の担当者を紹介してほしいなど

中小企業経営者の方には、弊所で公庫の融資サポートも行っております。

お困りの方はぜひご相談ください。