代表の成川です。

今月2015年度社会保険労務士試験の合格発表があったみたいです。

なんと合格率2.6%です!

合格された方はすごいですね。

前年度は約4000人合格者がいましたが今年は約1000人。一体何があったのでしょうかね。

社会保険労務士に簡裁訴訟代理権獲得への動きがあるので合格率が減ったのでしょうかね。

これからの社会では社労士の先生が必要とされていくと思うのですが急に合格者数を絞ってしまうのは如何なものかと思います。

あまり社会保険労務士試験の制度については詳しくはないのですが個人的には再考した方がいいと思います。

労働問題や助成金、年金や社会保険料などに国の根幹ともいえるべき業務に携わる社労士の先生は税の公平な負担を目指すのならば欠かせない存在だと思います。

この結果を見せられると受験生の方も辛いでしょうね。

しかし、受験生の方々にはあきらめずに試験頑張っていただきたいと願うばかりです。