ここのところ仕事用に新しいノートパソコン探していたんですが、結局MacBook Proのタッチバーなしを買うことにしました。

基本的に司法書士業務の場合、登記申請のシステムがWindowsにのみ対応なのでWindowsのノートパソコンを買うべきなんです。

最初はマイクロソフトのSurface LaptopかSurface Book2のうちどちらかを選ぼうと思ったんですが、Surface Laptopだとポート類がUSB TYPE-AとMini Display Portのみの貧弱な構成で、Surface Book2の場合は持ち運びには重すぎでした。

Surfaceデザイン的に好みだったので欲しかったんですが残念です。画面分離しなくていいので端子そのままでもう少し軽いSurface Book出してほしいですね。

結局、MacBook Proに決めた理由は慣れですね。今までMacBook AirにブートキャンプでWindowsいれて結構快適に仕事できていたのと、MacBook Proの2016年モデルが安くなってたので買うことにしました。

MacのキーボードでWindows操作するのも慣れてしまいましたし、業務的にもそんなに重い作業をしないですし、デザインも好みだったのでMacBook Proになりました。

Macのキーボードは親指でかなとアルファベットをすぐに切り替えられるんで便利です。Controlキーの位置もWindowsのキーボードより個人的に使いやすいんです。

新しいMacBook ProはポートがUSB Type-cのみで不便だって意見ありますけど、個人的にはUSB Type-cのみあれば自分の使い方では十分です。情報のインアウトを考えたときに結構優秀なポートだと思います。

あとはパソコンの速度とともに業務の効率も上がってくれるとありがたいんですが。

 

そういえば開業する時ノリでMacにしたんですが意外といい面も発見しました。ブートキャンプでWindows入れる場合、まっさらな状態にインストールするのでものすごく安定する気がします。

今のところ業務中にパソコンがトラブったことはないですね。たまたまかもしれませんけど。

年末に仕事環境のシステム移行するのはさすがに怖いので、今年の仕事納めてからじっくりとノートパソコンの環境整えようと思います。