家賃支援給付金はいつごろもらえるか?

家賃支援給付金の申請受付が7月14日から始まり、すでに1か月ほどが経ちました。

給付金の受取についての情報がネット上にあがってきているので

情報をまとめながら、家賃支援給付金がいつ頃入金されるかについて書いてみたいと思います。

  • 家賃支援給付金の申請をしたがまだ入金がない
  • これから申し込むがいつ頃入金があるか知りたい

といった方はぜひ読んでみてください。

 

家賃支援給付金の給付状況

家賃支援給付金の給付は、8月4日より始まっています。

経済産業省の発表によると、7月30日の時点で

申請件数:約17万件

8月4日に給付:約7000件

となっています。

申請件数の4%ほどが入金があったことになります。

私が聞いた情報だと8月11日現在で、初日に申請したが入金がまだの人も相当数います。

持続化給付金より審査に時間がかかると言われていますので

まだまだ時間がかかる可能性があります。

 

実際の入金情報

ネット上では、家賃支援給付金がすでに入金されたという情報が数多く上がっています。

7月後半に申請したケースでも、すでに入金のあった人がいるようです。

その場合、1週間~10日前後で入金されたことになります。

入金のスピードの差がある原因は分かりませんが、

書類に不備なければ

最速で1週間ほど

で入金がされるようです。

また注目すべき状況としては、以下のような情報があります。

  • マイページがお振込み手続き中となったままでも入金がされている
  • 書類に不備がある場合は、家賃支援給付金のページで通知がくる
  • 書類不備があってもすぐに訂正すれば入金がはやく行われているケースがある

情報をまとめると

通常は入金まで1か月~かかっている状況

場合によって1週間~10日ほどで入金されるケースがある

といった形になります。

 

今後の家賃支援給付金の申請ではいつ頃入金されるか?

今後申請する場合、17万件の申請データの処理のあととなるので

ある程度時間がかかることが予想されます。

入金まで1か月~2か月はかかる

と考えておくのがいいと思います。

ただし、後からの申請でスピーディーに処理されているケースもありますので

かなり早い期間で入金されることもあり得ます。

家賃支援給付金の申請は今後も増えていくと思いますので

なるべく早めに申請しておいた方がいいですね。

 

まとめ

家賃支援給付金の給付が8月4日から始まっています。

家賃支援給付金については、添付書類も複雑で持続化給付金ほど簡単には申請できなくなっています。

賃貸借契約書が実態と違ったり、

家賃の減額を受けている場合など

様々なケースに対応した申請を行う必要があります。

申請の仕方によってももらえる金額が変わってしまう可能性があるので

制度をよく理解してから申請を行うようにしてください。

 

 

 

 

LINEで気軽に会社の相談!月額無料の法務顧問です。

ローライト湘南のLINE公式アカウントで気軽に月1回まで無料で会社の相談ができます!

・コロナ対策の融資、補助金、給付金の相談がしたい
・会社の登記を頼みたい
・営業許可について教えてほしい
・新しく会社設立をしたい

など会社に関することであれば何でもOKです。

ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です