店舗に最大600万円の家賃給付!特別家賃支援給付金の計算方法と対象となる事業者とは?

店舗などの賃料に対する給付金が新たに決定されました。

複数店舗経営者にも配慮して、最大で600万円もの給付を受けられる給付金の制度です。

この記事では

  • 給付金の金額の計算方法
  • 対象となる事業者は?
  • いつ頃から給付を受けられるのか?

といった疑問について解説します。

事業者の方はぜひこの記事を読んで家賃給付金の制度の申請に備えてください。

 

特別家賃支援給付金の計算方法

特別家賃支援給付金は、

毎月の家賃

75万円以下の部分 2/3 

75万円超から225万円までの部分  1/3

が6か月間補助される制度です。

 

例1:毎月の家賃の合計が75万円の場合

75万円 × 2/3  =50万円

50万円 × 6か月 =300万円(給付金の最大額)

となります。

 

例2:毎月の家賃合計が180万円の場合

75万円 × 2/3 = 50万円

(180-75)万円 × 1/3 = 35万円

(50+30) × 6か月間 = 480万円(給付金の最大額)

となります。

 

賃料負担の大きい店舗などは持続化給付金以上の大きな給付金を受け取ることができます。

給付金上限額は600万円となっています。

この家賃には土地の賃料も含まれる予定となっています。

 

特別家賃支援給付金の対象となる事業者

特別家賃支援給付金の対象となるのは

中小企業(資本金10億円未満、従業員2000人以下の法人)又は個人事業主で

  • ひと月の売上が昨年同月比で50%減少
  • 3か月間に売上合計が昨年同期に比べて30%減少

のどちらかにあてはまると特別家賃給付金を受け取ることができます。

持続化給付金を受け取っている会社ももらえる給付金です。

持続化給付金に当てはまる会社や個人事業主については、

すべて特別家賃支援給付金の対象となります。

 

いつ頃から給付金を受け取れるか?

特別家賃給付金のスケジュールについては、

5月27日に閣議決定 

6月17日までの国会で補正予算の議決

申し込み開始

という流れになるので、申し込みは6月中旬以降になるものと思われます。

そこから入金まで2週間から1か月と考えると

最短で7月には特別家賃給付金が受け取れるのではないかと推測されます。

(令和2年6月21日更新)

家賃支援給付金は調整の結果、7月からの申請受付となりました。

 

まとめ

最大300万円までという噂があった特別家賃給付金についてですが、

今回の決定では、600万円という大きな数字になりました。

多店舗展開をしている企業やテナント料の高い場所に店を構えている会社にとっては

かなり助けになります。

来月の申請に備えて今から準備をしておきましょう。

LINEで気軽に会社の相談!月額無料の法務顧問です。

ローライト湘南のLINE公式アカウントで気軽に月1回まで無料で会社の相談ができます!

・コロナ対策の融資、補助金、給付金の相談がしたい
・会社の登記を頼みたい
・営業許可について教えてほしい
・新しく会社設立をしたい

など会社に関することであれば何でもOKです。

ぜひご登録ください。

店舗に最大600万円の家賃給付!特別家賃支援給付金の計算方法と対象となる事業者とは?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です