持続化給付金の締め切りは2021年1月15日。申請まだの方はお急ぎください!

持続化給付金は、前年同月と比べて売上が50%以上減少してしまった事業者に

法人 最大200万円

個人事業主 最大100万円

が国から支給される制度です。

この持続化給付金の締め切りが2021年1月15日と迫っています。

  • 申請の仕方
  • 申請に必要な書類
  • 期限の延長ができるのか

といったことについて書きたいと思います。

 

持続化給付金の申請方法

持続化給付金の申請の方式は

オンライン申請のみ

となっています。

流れとしては、

  1. 持続化給付金のページへアクセスする
  2. メールアドレスをページに登録してIDとパスワードの発行を受ける
  3. 申請の添付書類のデータをjpgやPDF化して準備
  4. システムに必要情報入力し、添付書類のデータを添付する
  5. オンライン申請ボタンで申請完了

というかたちになります。

 

申請のためには、一定のパソコンのスキルが必要になってきます。

 

持続化給付金の申請のため準備する書類

持続化給付金の申請に必要な書類は以下のものになります。

  • 確定申告書類
  • 対象月の売上台帳
  • 持続化給付金の受取のための通帳
  • 本人確認書類の写し(個人事業主の場合)

2019年新規開業、事業所得を給与所得で申告してしまったなど

事業者のケースによっては、別の書類が必要となるケースがあります。

必要書類の詳細については、以下のページで確認することができます。

https://jizokuka-kyufu.go.jp/procedure_flow/index.html#tab-houjin

 

期限の延長ができるのか?

持続化給付金は2020年12月までの売上を対象としており、申請期限は2021年1月15日となっています。

しかし、以下の(1)~(3)を満たす場合は、期限の延長の対象となります。

(1)売上対象月が12月

(2)以下の①~③のいずれかを満たす場合

①「2020新規創業特例の申請に必要な収入等申立書」を申請に用いる場合

②「寄付金当を主な収入源とするNPO法人であることの事前確認書」を申請に用いる場合

③その他に申請期限に間に合わない事情がある場合

(3)締め切り前に提出期限延長の申し出を行った

 

ただし、期限の延長が認められるかは不確実ですので、できれば申請期限までに申請を終わらせてください。

 

申請代行サポートサービスのご案内

行政書士事務所ローライト湘南では、持続化給付金の申請サポートサービスを行っています。

  • PCの使い方が分からない
  • 必要書類が合っているか不安
  • 申請に失敗したくない
  • 持続化給付金の要件にあてはまっているのかよく分からない

といったお客様に、事務所へお越しいただき、

申請の可否の判断、書類のスキャン、PCでの入力サポートなどを行いまし。

詳細については、

ローライト湘南持続化給付金申請サポートのページ

をご覧ください。

LINEで気軽に会社の相談!月額無料の法務顧問です。

ローライト湘南のLINE公式アカウントで気軽に月1回まで無料で会社の相談ができます!

・コロナ対策の融資、補助金、給付金の相談がしたい
・会社の登記を頼みたい
・営業許可について教えてほしい
・新しく会社設立をしたい

など会社に関することであれば何でもOKです。

ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です