持続化補助金のコロナ特別対応型に12月締め切り分がさらに追加!

コロナ対策の費用として最大200万円までの補助金がもらえる

持続化補助金のコロナ特別対応型がさらに12月10日締め切り分が1回追加となりました。

12月で最終となるコロナ特別対応型の持続化補助金について

  • いくら補助金がもらえるのか
  • 申請の方法
  • 12月の持続化補助金の注意点

がこの記事を読めば分かります。

今まで補助金の存在を知らなかったという事業者の方も是非読んでみてください。

 

持続化補助金<コロナ特別対応型>はいくらもらえるのか?

コロナ特別対応型の持続化補助金は、コロナ対策としての新たな販路開拓の費用として、

補助金額:100万円 + 事業再開枠50万円

がもらえる補助金です。

以下の業種はさらに補助金が+50万円となります。

  • 屋内運動施設
  • バー
  • カラオケ
  • ライブハウス
  • 接待を伴う飲食店

補助率に関しては、

サプライチェーンの毀損への対応・・・補助率 2/3

非対面型ビジネスモデルへの転換又はテレワーク環境の整備・・・補助率 3/4

となっています。

基本的には10月に締め切りのものと条件は変わりません。

 

持続化補助金の申請方法

コロナ特別対応型の補助金の申請は

  1. 対象経費の確認
  2. 補助事業計画の作成
  3. 必要書類収集
  4. 補助金申請書作成
  5. 補助金事務局へ提出

という流れになります。

従来の持続化補助金のように商工会議所や商工会でアドバイスをもらうこともできます。

提出書類に商工会議所や商工会での確認書は必須でなくなっているので、

自分で補助事業計画書を作成して申請をすることもできます。

また弊所でも申請書作成のサポートおこなっていますので、自分で書類を作成するのが

苦手という方は、

0466-54-7778

または

info@lawrite.jp

までお問い合わせください。

 

12月の持続化補助金の注意点

12月のものでコロナ対応型の持続化補助金が最終となります。

前回までは、一度不採択となっても再度チャレンジすることができましたが、

それができなくなります。

コロナ特別対応型の補助金は、

2020年2月18日以降にすでに発生した経費を

遡って申請できる特殊な補助金となります。

申請書作成でミスがないようきっちり仕上げてください。

また持続化補助金は回が後になるほど予算の関係で採択率が下がっていく傾向にあります

通常の補助金よりも少し厳しい審査基準を想定しておいた方がいいでしょう。

 

まとめ

持続化補助金のコロナ特別対応型が1回追加となりました。

8月締め切り分で不採択になった事業者にももう一度申請するチャンスができました。

対象経費を遡って申請でき、幅広い経費が対象となる申請しやすい補助金ですので

あなたが事業者の場合はぜひチャレンジしてみてください。

LINEで気軽に会社の相談!月額無料の法務顧問です。

ローライト湘南のLINE公式アカウントで気軽に月1回まで無料で会社の相談ができます!

・コロナ対策の融資、補助金、給付金の相談がしたい
・会社の登記を頼みたい
・営業許可について教えてほしい
・新しく会社設立をしたい

など会社に関することであれば何でもOKです。

ぜひご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です